b_top2.gif
昆虫と爬虫類と等脚類でできているぬるゲーマー
UTAUのソーホーのはなし

 

※この記事は、音源についてのお話ではなく、キャラクターについてのお話がメインです

8月7日、ソーホーのキャラクターデザインをしてからちょうど一年
「ピンク・レモネード(旧:蝿とカメレオン)」のソーホーが、姿は変えず、
過去をおいて、UTAUの世界に飛び込みました

こう書くと、しぬほどややこしいのですが、
「ピンクレモネードのソーホー」は、いままでどおり、わたしの一次創作の中で、
歩んでいきますが、
「UTAUとしてのソーホー」は、これからどんな風になっていくのか、まだ生まれたばかりの子供のようにまっさらな状態です
生まれつきのオプションが、「バンドのベーシスト」、「女の子の服を着るのがすきな男の子」なくらいなので(ほかにもペペロンチーノがどうたらとかありますが)、
女の子になりたい男の子なのか、独自のファッションを開拓しているのか、ただのヘンタイベーシストなのか……、そこもいろいろ出てくるのだとおもいます

「ピンクレモネードのソーホー」をUTAUの世界にそのままつれてくれば、
当然のようにキャラクターの設定や、背景などがついてまわり、UTAUでの作品作りに影響してしまいます
そこで、わたしの懇意にしている、ついさんに、公式のキャラクター絵を描いてもらい、自分の一次創作と、UTAUでの境界線をつくらせていただきました

この、UTAUとしてのソーホーには、身長などの見た目、性格の設定もありません
このキャラクターを気に入っていただいた方には、このルックスや、スパイス程度の設定から、ソーホーのキャラクターをどんどん引き出していただければいいかな、とおもっています

配布所はこちら UTAUベース音源「ソーホー」配布所


※ここから先は、音源配布の経緯などを話しているので、ご自分の作品に影響が出そうだとおもったら、読むのをおやめくださいませ



 


もともと、UTAUのために作ったデザインではないし、ましてや二次創作されるのを前提としていなかったため、
"ベース音源配布"という方向になってから、自分の中で整理がつかず、悪夢のように揉めたこともありました

「既存の一次創作発」という形でキャラクターが配布され、わたしが一番おそれていたのが
配布された先で、「キャラクターの背景(設定)に左右されて、おもうように作品作りがなされない」ということでした

UTAUの世界で、ソーホーのようなルックスはあまりいないですし、ましてやベース音源というちょっと趣向のちがうものですから、
せっかく見つけてもらったのに、キャラクターが邪魔になってしまっては、元も子もありません

ルックスを改変する、というのはどうしてもできず(むしろ一次創作のほうでルックスがおおいに変わるキャラクターなので、UTAUではある程度固定したほうがよいと思いました)、
名前を変えたり(author=ぺろりん、というのはその名残)、設定にこだわろうとしたり、
いろいろな手段を考えては「やっぱりだめだ」という結論が何度も出ました

そして最終的に、名前もルックスも変えず、現在の設定でおちつくこととなりました

それが決まった後も、わたしの個人的な思い入れや、製作中に揉めた相手に対する感情が整理できず、「いっそ配布をやめよう」と言い出すほどになってしまいました
改めて「配布しよう」という気になったのはほんの最近のことで、
ふと「ソーホーってそういえばいつごろキャラデザしたんだっけな」と思い調べてみると、
あともう少しで一年が経つということがわかりました

それまでの一年、ほとんど「ピンク・レモネード」の設定や取材に時間を費やし、キャラクター一人ひとりの背景などを仕上げていって
お話の主人公である「ソーホー」も、23年間ソーホーとして生きてきた人間になってこれたかな、大丈夫かな
もう、他に左右されてブレることを、心配しなくて平気かな
という思いがでてきました

そこではじめて「UTAUのソーホーを配布しよう」という気持ちになりました
そこからは共同制作者と連絡を取り、配布の準備をし、ソーホーというキャラクターが生まれてちょうど一年の8月7日に、UTAUベース音源「ソーホー」を配布することができました

ここにたどりつくまで、色々な方に相談をし、ご迷惑をかけました

ですが今は、これからUTAUとしてのソーホーが、どんな風になっていくのか、純粋に楽しみです
こういう気持ちになれて本当によかった


製作陣の大野さんや、ついちゃんはもちろん、相談に乗ってくれた方、配布を待っていてくれた方、動画を見て音源を評価してくれた方に本当に感謝しています




最後に ソーホー、男も女もそうでない人たちの子宮をどんどんビリビリさせちゃえ



今回、自分の中で整理がしたくて、この記事を書きました
ここまで読んでいただき、ありがとうございました
作ったもの・描いたもの - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>